今伸びているのはSaaS?転職活動中に知ったキーワード

MRからのキャリアチェンジ

MR(医薬情報担当者)からマーケティング職にキャリアチェンジしたサラリーマンの

コータローです。

皆さん、SaaSってご存知ですか?

私は転職活動をするまで恥ずかしながらほとんど知らなかったので、転職エージェントから言われてもピンと来ないまま知っている風で流してしまっていました。

今回はその反省も込めて今注目されているSaaSについて素人なりに知識を整理しましたので、それをお伝えできればと思います。

ちなみにMRにとっても馴染みの深い訪問入力ツールのVeevaや精算時に使うConcurなどもSaaSでビジネスを急拡大しているみたいですし、塩野義製薬の決算発表ではHaaSなんて言葉も出てきたみたいですので、知っておいて損はないかと思います。

<こんな人に見てもらいたい>

  • MR以外にどんな仕事があるのかを知っておきたい
  • SaaSという言葉は知っていたけど、詳しくは知らない

それではその「SaaS」について解説していきます。

そもそもSaaSとは?

まず読み方はサースが正式です。

人によってはサーズと言っているような気もしますが、感染症のSARSと混同してしまうのでサースでいきましょう。

そしてSaaSは「Software as a Service」の略語です。

こう聞くと私のような英語とITに弱い人間は逆によくわからなくなるかもしれませんが、意外とシンプルな話です。

要は「ソフトウェアをインターネット(クラウド)経由で使ってもらうサービス」のことをSaaSといいます。

これを聞くと私なんかは「ソフトウェアってそもそもそうじゃないの?」と思ったりもしますが、以前は違ったようです。

イメージしやすいのはMicrosoft Officeの売り方の変化です。

以前はパソコンを買うときにOfficeのパッケージソフトを合わせて購入していた覚えがある人も多いのではないでしょうか。

CD-ROMをパソコンに入れてインストールするといったような。

あれはそのソフトウェアのライセンスを買ってパソコンに機能を入れていたのです。

一方最近は月や年額○○円でOfficeの機能をインターネット(クラウド)経由で入れられるOffice365を導入する企業が増えています。このOffice 365というのがまさにSaaSというわけです。

「所有」から「利用」へ

それではなぜSaaSが伸びているのでしょうか。

そこには使う側から見たときの大きな違いがあります。

最たる特徴が月額○○円といったサブスクリプション型であることです。

従来のソフトウェア買い切りスタイルでは高い初期費用を掛けて「所有」した上で「利用」していましたが、SaaSでは「所有」はせずに「利用」できます。

そうすると初期費用が安く済み、使う量に応じて料金が設定されることになりますので、もたらされた「価値」に対して正しく支払いが発生する可能性が高まります。

また、使う側の企業の規模によらずサービス導入ができますので、間口が広がることにつながっています。

少し話は逸れますが、私自身もシェアリングサービスが好きなので、このような「所有」から「利用」への転換は好ましい変化だと捉えています。

我々の身近にもSaaSは多数存在

ヘルスケア業界でも関連するものとしてVeevaやConcur、Microsoftと触れてきましたが、SaaSはそれ以外にもまだまだ身近に存在しますので、それらを挙げていきますね。

Zoom…もはや誰もが知るオンライン会議システムですね。

「Zoom飲み会」は流行語大賞候補でしょうか。

Salesforce.com…SaaSでもCRMでも絶対王者。

ヘルスケア業界にも深く入り込んでいます。

Workday…人事管理SaaSのトップ企業。

人事の世界はわかりませんが、最近導入された会社も多いのでは?

Adobe…私はPDFだけのイメージでした。

が、実際は様々なソフトウェアを有していてSaaSへの華麗な転身も話題ですね。

MicrosoftやAdobeのように元々ソフトウェア買い切りスタイルのビジネスで成功していたのにSaaSへ転身してまた成功した企業もあれば、Salesforce、Veeva、Zoom、Workdayのようにベンチャーとして出てきて勢いよく成長を続ける企業もあり、いかにSaaSが市場から高く評価されているか、がわかりますね。

まとめ

ということで、今回は「今伸びているのはSaaS?転職活動中に知ったキーワード」についてご紹介してきました。

専門外ということで表現が間違っていたり、まだまだ紹介すべき点も多かったりと至らぬ点もあると思いますが、ヘルスケア業界の方がSaaSを知るきっかけとしてご覧頂ければ幸いです。

ちなみに冒頭にあった塩野義製薬が提唱されていたHaaSは「Healthcare as a Service」の略だそうです。

トヨタがモビリティカンパニーを目指すようにヘルスケア業界も今後は薬や医療機器だけでなく、サービス業に変化していくのかもしれません。

同じ業界、同じ仕事を長く続けているとどうしても視野が狭くなってしまいますので、視野を広げる意味で少しでもお役に立てる情報をお伝えしていきたいと思います。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

引き続きよろしくお願いします。

コータロー

コメント

タイトルとURLをコピーしました